STARWARSファントム・メナス3D を観てきました

『STARWARSエピソードⅠ/ファントム・メナス3D』
一昨日の日曜日、ワクワクしながら観てきました(^-^)v

IMG_0852.jpg

クルマで小一時間掛けて旭川市内の映画館に観に行ったんだけど、
スター・ウォーズは『角川シネプレックス』と『ディノスシネマズ』という
2つの映画館で上映されてまして。で、事前に調べてみると、
シネプレックスの上映は定員105名のショボイ小さめのスクリーン(;゚Д゚)

スター・ウォーズなのに、3D上映なのに、
105名のハコってあり得なくないですか?

というわけで定員247名収容の大きなスクリーンで上映している
『ディノスシネマズ旭川』に観にいきました。
さぞやお客さんも多いんだろうと思って入場したんだけど・・・

お客さんは8人だった(笑)まぢですか?

朝イチの上映回だったんだけど、定員247名に対して入場者は
私(と友人)を含めて8人!
ほぼ貸しきり状態で映画に没頭できたのはいいんだけど、
映画館の雰囲気を楽しむにはちょっと寂しかったですね。

IMG_0855.jpg

結局、3Dは初上映といっても元は10年以上前の古い映画だし、
今時の若い人には私の年代ほどスター・ウォーズに対して
特別な思い入れは無いってことか~(^-^;

今回の最大の売りは何といってもシリーズ初の3D化。
テーマパークの3Dアトラクションみたいに目の前にドーンと飛び出す
タイプではなく、奥行きが感じられるタイプでしたが、ほどほどの
立体感で3D酔いするほどの飛び出しや奥行きじゃなかったのが
逆に良かったです。

ただ、会話シーンなどで手前と奥の人物との遠近感が何となく不自然に
見えたり、平面の映像を「飛び出す絵本」的に立体配置したように
感じるシーンもありましたね。まぁ視力など個人差もありますから、
あくまで私的な感想ですけど。
そもそもスター・ウォーズシリーズは3D視聴を前提に作られた映画では
ないので、後から加工した3D効果ではやはり無理があるのかな(^-^;

私としては3D云々より劇場の大スクリーンと大音響で再び
エピソードⅠが観れたことが嬉しかったので個人的には満足でしたが。

映画本編の内容については他の映画評論サイトやあらすじサイトを
観ていただくとして個人的に印象に残ったポイントなど。

ポッドレース追加シーンはBlu-ray版と同じだけど、劇場で観ると
迫力があって良かったです。昔劇場で観た旧バージョンのレース
シーンはそれほど面白いと思わなかったんだけど、今回のは3Dと
立体音響の相乗効果で凄く面白く感じました。

物語の結末をすでに知っているだけに、アナキンの母親シミとの
別れのシーンと母の愛情に泣けました(T-T)

アミダラの影武者侍女役のキーラ・ナイトレイ。
アミダラ女王に扮しているシーンは一見しても判らないほど
ナタリーに似てましたね(^-^;

そして最後の祝賀パレードの音楽が
皇帝のテーマのアレンジという噂なのを再確認(笑)
・・・正直よく判りませんでした(^-^;
あ、一瞬だけど最後の紙吹雪だけは目前まで
飛び出しましたよ(^-^;

そしてとにかく
ナタリー・ポートマンが可愛すぎる
ナタリー・ポートマンが可愛すぎる

大事なことなので2回言いましたw

で、本編終了。普通の映画ならここで数人は帰りだすと
思うんだけど、エンドロールが流れても誰一人帰ろうとしない。
実はEp1はエンドロールの音楽が終わった後、アナキンの行く末を
暗示するかのようにダース・ベイダーの呼吸音が流れるんです。
例の「コーホー」を聴き終わり照明が付いてから全員が
席を立つとは流石よく訓練されてる客だ・・・って俺もかw

今回字幕版を観たんだけど、1999年上映時のトンデモ字幕は
かなりマシには直ってました。それでもところどころ「?」な
表現に違和感を感じたので、エンドロールの最後に翻訳者の
名前が出るのを待ってたんだけど結局出なかったのね。
いや、だいたい見当は付いてるんだけど・・・

帰りに映画のパンフレットを購入し、
自宅に帰って字幕担当を探すと・・・

予想通りなっちでした(^-^;

今度は吹替版を観に行こうかしら(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

おお

自慢じゃないが、その映画館で上映会の前説、二度やったぞ!
『ダイハード3.0』と『2012』だったかな。

ちなみにナタリー・ポートマンは可愛い(3度目にカウント)けど
既に人妻&母親なのが本当に残念だ・・・。
なんだか読んでて『レオン』が見たくなったのは私だけか?

あ、キーラ・ナイトレイはいちお独身だということだけ書いとく(笑。

>これちゃん

そういえば以前、映画の仕事で何度か
旭川に来てましたよね!
そうか、ディノスシネマズだったんだ(^-^)

ところで、ナタリー・ポートマンが可愛いのは
もはや人類の常識
(4回目)。
たとえ人妻でも母親になっても
映画の中では永遠に美しく可愛く若々しいので
自分的には無問題なのだッ(笑)

でもアニメ版クローンウォーズのパドメは・・・
ナタリーというよりアンジーに見えてしょうがない(^-^;
プロフィール

shinya@TCR

Author:shinya@TCR

札幌市で活動中のアマチュアバンドThe Cholesterollers(ザ・コレステローラーズ)でベースを担当しているShinyaと申します。このブログは私の日常の出来事や興味、そして趣味について書き綴る『日々是道楽』的日記です。

バンドブログ
TheCholesterollersWeblog

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ

検索フォーム
カレンダー
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
管理用