Kobo Touch をポチった

そもそもKobo Touch(コボ・タッチ)って何?

kobotouch_high.jpg

コレ、いわゆる電子書籍リーダーというものでして、文字通り電子化された
書籍データを画面に表示して読書を楽しめるデバイスです。

Kobo Touchの詳細はこちらのウェブサイト

例えばiPadなどのタブレットやスマホにも電子書籍リーダーの機能が
内蔵されているのですが、さすがに読書だけの目的で大きなタブレットを
持ち歩く気にはなれないし(そもそもiPad持ってない)、スマホの小さな
画面で読書する気は毛頭無いので、私にとっての読書は旧態依然とした
「紙」の本です(^-^;

といっても読むのはSF小説とかラノベ程度ですけどね(笑)

で、7月19日に発売になるKobo Touchという電子書籍リーダー。
なにやら昨年11月に楽天がカナダのKoboという電子書籍事業者を
236億円(!)で買収したらしく、このKobo Touchは楽天が傘下に納めた
Kobo社の日本市場向け電子ブックリーダーなのです。

Amazon Kindleとガチ対決カコ(・∀・)イイ!!

ちなみに「Kobo」とは「Book」のアナグラムらしい。

で、現在プレオーダー(予約受付)中のこのKobo Touchを
思わずポチってしまったのは、なんたってその安さ。

本体価格 7,980円(税込・送料込)

これだけでも十分購入意欲を掻き立てられるのに、さらに楽天会員だと
プレオーダー特典で最大3,000円分の期間限定ポイントが還元されます。
つまり実質4,980円で買えちゃうんです。楽天市場の他のキャンペーンや
手持ちのポイントを使えばさらに安価で購入できちゃうのも素敵(^-^)

Kobo Touchのおもなスペック

*ディスプレイ/6インチ タッチスクリーン電子ペーパー(16諧調グレースケール)、
 E Ink社製の電子ペーパー「Pearlディスプレイ」を採用、画面解像度は600×800。
*フォントは11種(日本語フォント2種含む)サイズ17段階に加えて外部フォントの
 インストールが可能。
*Wi-Fi機能(802.11b/g/n)搭載。
*内蔵メモリ容量/使用可能領域:約2GB/約1GB(約1000冊分)
*microSDメモリーカードスロット(最大32Gバイト)搭載。
*1回の充電での連続駆動時間は約1ヶ月。
*対応フォーマット/EPUB、PDF、MOBI、JPEG、GIF、PNG、BMP、TIFF、TXT、
 HTML、RTF、CBZ、CBR
*サイズ/114mm×165mm、厚さ10mm、重さ185g
*カラーはブルー、ライラック、シルバー、ブラックの4色
*7/19のサービス開始時で約1万冊の日本語書籍データが無料ダウンロード可能。


無料でダウンロードできる日本語書籍が1万冊って凄いんだけど、
多分著作権の消滅した古典小説が中心かなと。
まぁたまには古典を楽しむのも良いかな~なんてね。
それにPDFやJPEG、TXT、CBRなんかも読めるので、
その気になれば自炊データ活用に使えるかもしれないしね。

とりあえずこの機能で実質5,000円以下なら人柱上等でしょ(笑)

なんとなくポイントに釣られた感アリアリなんだけど(゚ε゚)キニシナイ!!
ま、結局は新しモノ好きでポータブルデバイス好きな私に
クリティカルヒットというわけです(^-^;

早く届かないかな~(笑)


一応、商品リンクとか(^-^;
プロフィール

shinya@TCR

Author:shinya@TCR

札幌市で活動中のアマチュアバンドThe Cholesterollers(ザ・コレステローラーズ)でベースを担当しているShinyaと申します。このブログは私の日常の出来事や興味、そして趣味について書き綴る『日々是道楽』的日記です。

バンドブログ
TheCholesterollersWeblog

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ

検索フォーム
カレンダー
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
管理用